トップページ 品質 納期 注文枚数 寿命 サイズ オフィス用 コピー アドバイス 即日 サイトマップ

のぼり旗の通販購入について

オフィス用

のぼり旗を使うシーンは飲食店だけでなく、オフィス用としても使われることがあります。

例えば、オフィスビル内の一角にあるネイルサロンやリラクゼーション、コーヒー屋の店舗などで使用され、
特に画一化されたオフィスビルではその場所を示す上でも重要な存在ともなります。

 

都心部の商業ビルや高層ビルが密集している地域ではよく活用され、オリジナルののぼり旗を制作していることもあります。

オフィス用

オリジナルののぼり旗が掲げられていれば、それを見たお客さんにとっても
目的とする店舗が入っているオフィスビルを容易に見つけることが可能です。

 

通り沿いに面しているオフィスビルには、通行人に対してのアピールにもなったり
初めて来店される方の目印を提供することにも繋がります。

喫茶店のぼり

特に初めて店舗に訪れるお客さんにとっては、手探りで来ることも多いので、
オフィス用ののぼり旗を見つければ位置が理解できるので、大変有効な方法となります。

特にビルの中にあるオフィスでは、初めて訪れる人にとっては
本当に入っていいものなのか躊躇する部分もあります。

許可がもらえるのであれば、ビルの入り口にのぼり旗を1本
置かせてもらい、オフィスの入り口にも同じのぼり旗をおいておけば
非常にわかりやすいため親切です。

確認を取って、可能な限りのぼり旗を置いて目印にできると
訪問者にとってはより安心かもしれません。
目印として適したカラーやサイズ、生地などにもこだわると良いでしょう。

日本の繊維と布の歴史

現在の日本で使用がされている繊維のおもなものには、衣類などで用いられている
ポリエステルやナイロン、アクリルなどの代表的なものがありますが、
いまでは日常的につかわれている布にも非常に古い歴史があります。

日本手ぬぐいの原型となった布は、奈良時代のいまから約1300年前からすでに使用がされていたものです。
奈良時代に使用されていたものはおもに平織りの布片でしたが、のちの平安時代なかばの
古い資料の和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)には、日本手ぬぐいのことが
太乃己比(たのごひ)と表現され、または平安時代の後期の説話集として有名な
今昔物語集にも、手布(たのごい)という記述があることからも
日本においては歴史の非常に古いものであることがわかります。

当時に使われていた手ぬぐいは、いま使われているものと同じように
形が長方形であることが一般的とされていて、大きさに関して言えば
あらゆるサイズのものが使われていたとされています。

費用や納期に併せて考える

なおオリジナルののぼり旗を制作する上では、通販サイトでの制作を検討すると
限られた予算内で短期間で制作することも可能です。

 

あらかじめ依頼しておけば新しくオープンする前にも間に合わせることもできますので、
通販サイトで制作する方法はとても優れています。

 

のぼり旗の通販サイトの種類によっては既製品を扱っている場合もありますが、
どうしても店舗名など入れたいことも多いため、その場合はオリジナルのぼり旗の
制作が必須です。

 

デザインデータを自分の手で描くこともでき、店舗の名前だけでなく
ロゴまで入れたりするなどユニークに表現することもできます。