トップページ 品質 納期 注文枚数 寿命 サイズ オフィス用 コピー アドバイス 即日 サイトマップ

のぼり旗の通販購入について

品質

店舗の目玉商品やサービスをアピールするのに、のぼり旗は最適なツールといえます。

ですから積極的に利用したいものですが、購入するためには専門店へ行く必要があります。

 

ましてやオリジナルのイラストや文章を入れたいとなると、大変な事です。
そこで最近多く利用されているのが、のぼり旗のネット通販といえます。

 

パソコンから注文するだけで届きますから、忙しい店舗経営者にとって非常に有難いシステムなのです。
こういった通販ショップにはオーソドックスなデザインの既製品もありますし、希望すれば
データで入稿したデザインや文章を印刷した、オリジナルののぼり旗も製作してくれます。

データの作成

便利な面が多い通販ショップですが、気になるのがその品質といえます。
しかしそんな心配は全く必要なく、安心して注文できるのです。

 

その理由として専門業者による印刷ですから、使用する素材にもこだわりがありますし
持っている印刷技術も非常に高いため、高品質の商品を製作してくれるからです。

どうしてもその品質を事前に確かめておきたいという場合には、
生地見本を送ってもらえるかどうかを聞いてみるのも良いでしょう。サービス内容

実際に見てみることで、デザインを考える上での参考にもなります。

武家の風習だった鯉のぼり


鯉のぼりの歴史は江戸時代にまで遡ります。
武家で始まったとされており、旧暦の5月5日端午の節句に使われるものが鯉のぼりです。


旧暦の5月5日までの梅雨の時期で雨が降っている日に、富裕層の町民たちによって
男の子の健康と出世を祈ってつくられます。

家の庭先で飾っていた布や不織布、紙などを使用して鯉の絵柄を描き、
風を受けてしなやかになびかせる吹流しを鯉の形に似せて作ってあるのが特徴です。

鯉のぼりのいわれは、中国のある伝説からきています。
それは、黄河上流にある竜門という難所をのぼりきった魚が
竜になることができるという登竜門伝説のことです。

この伝説にあやかって、中国では男児が苦しいことや辛いことに
負けずに打ち勝つ立身出世の象徴として使われています。

しかし鯉のぼりは日本だけの風習です。
本来は黒い鯉である真鯉のみを使用していましたが、明治時代に入ると
真鯉と緋鯉を対としてあげるものに変化していきます。

そして昭和時代に入ると、青い鯉で家族を意味する子鯉を添えるようになりました。

個性的なのぼり旗を作りたい

また、デザインの考案が難しい場合には、既製品のぼり旗を購入するのもお勧めです。
種類も豊富に揃えられていますので、探すのには困らないのではないでしょうか。

高い宣伝効果を生み出すのぼり旗を製作するなら、便利で満足できる品質の商品が
手軽に入手できるネット通販を利用するのがベストといえます。