トップページへ のぼり旗は最適なツール のぼりの製作期間 のぼり旗の注文枚数 のぼり旗の劣化スピード のぼり旗をオーダーメイドする
よく活用されるオリジナルののぼり旗 のぼり旗の由来と起源 のぼりへのアドバイス 即日のぼり製作会社? ショッピングモール よくある失敗
用途から選ぶ 低価格で製作 キビラ麻のぼり 購買意欲に訴える のぼり旗に向かない色がある セール集客効果にいて サイトマップ

のぼり旗の通販購入について

のぼり旗の寿命

通販サイトでは、色々なタイプののぼり旗が手に入りますが、長く使っていくことを考える人の場合には
寿命がどのぐらいなのかが気になることでしょう。


なお、通販サイトののぼり旗の生地には種類がありますし、どういった場所で使うか、
どのような使い方をするかによって、のぼり旗の劣化スピードというのは変わってくるものですので、
一概にこのぐらいが寿命だということは言えないものです。


しかし、例を出すことぐらいはできるものです。

生地

多くののぼり旗に使用されている、薄くて軽い生地があるのですが、これを出しっぱなしで使った場合、
3か月ぐらいが寿命だという考えがあるのです。

 

ここからわかることは、出しっぱなしにしなければ、もっと長く使い続けることができるようになるということです。

雨を避ける

日中は宣伝のために出しておくが、夜になったらしまっておくといった使い方をするわけです。
手間はかかりますが、この方が色々な物から守られて、長持ちするものです。

特に雨が多い時期に出しっ放しにしておくと、更に劣化は早くなります。
設置する本数が多いほどに、全てを綺麗に保つ為の管理というのは
難しくなってきますが、この場合は撥水スプレーをかけておくだけでも
持ちは全く違います。

あるいは、天気をマメに確認しておき、少しでも雨を避けるための
工夫をすることも、長く持たせるためには大切な要因となります。
年々印刷技術や加工技術は上がってきていますが、使用において気をつけるべきポイントは
抑えておきたいところです。

印刷の歴史と起源

印刷とは文字や模様、写真や絵などをインクを使って複製を刷りうつすことですが、
東洋と西洋では文字の相違により印刷術は別個に発達します。


歴史は古く、東洋では前3世紀頃の紙のない時代に、石や陶土、金属、
木や竹に文字や絵を彫刻して、軟らかい粘土の板の上に転がして模様をつけていたのです。


その後、エジプトでパピルスという紙が発明されると、巻物状のパピルスに墨汁で書写するようになりました。
このほかにも羊皮が使用されており、現在の紙と同様のものができたのは中国の後漢時代だったといわれています。


一方、西洋では 15世紀半ばにドイツのヨハネス・グーテンベルクが活版術を発明します。
近代的な意味での印刷術はここから始まるとされます。


グーテンベルクが自分でつくった活字と機械を使用することで爆発的に発展し、様々な印刷物が出版されたのです。
そして、西洋で発展した活版印刷は幕末から明治初めに日本に伝えられます。


日本ではその後和文活字が作成され、新聞や書籍雑誌などの印刷技術に継承されたのです。