のぼり旗の購入 品質 納期 注文枚数 寿命 サイズ オフィス用 コピー アドバイス 即日 ショッピングモール よくある失敗 用途から選ぶ サイトマップ

のぼり旗の通販購入について

オリジナルのぼり旗を作ろう

街にはいろいろな種類ののぼり旗がありますが、中でも蛍光色のものは派手で街中でも目立っています。
さまざまなデザインがあり、特殊な塗料を使っているので夜でも確認することができるでしょう。

京都のれん株式会社ではいろいろなのぼり旗を作成していて、オリジナルデザインにも対応することが可能です。
中でも蛍光タイプは人気があり、特殊なインクを使うとデザインの幅が広がります。

いろいろな色があり、夜でもキラッとPRすることができます。
中も出人気があるのが黄色で、防犯に活用することができたり注意をひきつけるのにおすすめです。

防犯に効果的

黄緑ののぼり旗も人気があり、パッと目につきますが黄色よりも目に優しい感じがするのでエコ啓発によく利用されています。

白色のテトロンポンジに特殊なインクを使って印刷することができ、蛍光ポンジを使用するよりも色の選択範囲を広げることが可能です。

京都のれん株式会社は1枚から作成することができ、シンプルな1色刷りやイラストを入れたものなど
オリジナル作品を注文することが可能です。

定番のテトロンポンジの場合、ポリエステル系では最も薄くインクの浸透率が高いと言われています。
軽く風になびきやすい特徴があり、幅広い用途で利用されています。

アイキャッチ効果があります

のぼり旗にはよくポンジー生地が利用されています。のぼり旗の印刷方法として、ポンジー生地に
ダイレクトインクジェットプリントし、高温で熱をかけながら仕上げることが可能です。

大きな版を色の数だけ作っていき、1色ずつ印刷していく捺染プリントなどもあります。
どちらの方法もポンジー生地の片面からプリントしますが、もともと生地が薄いので
裏面までしっかりインクが浸透する仕組みです。

何を書いているのか判読することができたり、裏面の柄は反転することができます。
のぼり旗は風の向きにより、表が裏になったり裏が表になるので、裏面が白いと
何が書いてあるのか読めないことがあるでしょう。

薄い生地を使って両面プリントすると、風の強い日でも宣伝することができるので便利です。

生地が薄いとよく風になびくので、クルクルと回ります。
人目を引く機能があり、アイキャッチ効果を得ることができます。

アイキャッチ効果

のぼりがどれくらい使用できるか心配している人もいますが、のぼりの寿命は使用環境によって変わるものです。

屋外で出しっ放しのままで使い続けた場合、寿命は約3カ月ぐらいと言われています。
リーズナブルな価格で注文することができるので、デザインを変えて雰囲気をアレンジするのに便利です。