トップページ 品質 納期 注文枚数 寿命 サイズ オフィス用 コピー アドバイス 即日 サイトマップ

のぼり旗の通販購入について

納期

のぼり旗は、店先や道路などに立てて宣伝する事ができ、これを見た消費者が興味を持って、
店を利用する集客効果が期待出来ます。こののぼり旗を購入するには、専門店で買うか、
通販サイトで注文する事になります。

既製品

通販サイトでは、注文者がデザインしたデザイン画をベースに旗に印刷して、オリジナルののぼり旗を作る事が出来ます。
会社のロゴや家紋を入れる場合は、このオリジナルのぼりを製作することになります。

家紋の歴史|家で異なる家紋の種類

家紋の発祥は公家と武家で異なるとされていますが、公家の方が早い時期に使うようになっています。
歴史的には武家よりも公家の方が先であり、平安時代の後期に、西園寺実季(さいおんじさねすえ、
1032年から1091年の間の人)が自分の牛車に一目で分かる巴紋の印を付けたのが始まりと言われています。

牛車というのは現在でいうマイカーのようなものですが、宮廷の儀式や貴族の祝いごとには
多くの牛車が集るため、自分のものがすぐ分かるようにとしたのです。

このことが基となり、次第に貴族の間に広まり、家紋になったとされています。
目印ということですから、花や植物などのきれいなものをモチーフとしているものが多く見られます。

一方武家の場合は、戦いの時代が始まりです。
白旗の源氏と赤旗の平氏が戦い続けたことが有名ですが、敵味方の区別をつけるための用いられたものです。

鎌倉時代に入り、武将たちがこぞって旗の色だけでなく、家紋を付けるようになります。
敵味方の区別をする意味と、どこの部隊がどのように活躍したかを鮮明にするためなのです。

論功行賞を意識して、家紋の入った旗でアピールしなければという繋がりです。
家紋については、すでにあるもの以外は自由に決めて良く、強さを示すもの、信念を表すもの、
仏教の教えからヒントを得たものなどと無数の家紋が誕生したわけです。

急ぎで必要なら通販を利用

注文しますと、その納期は、翌営業日から4営業日で製造・配送をしてくれる業者がありますので、
直ぐに旗を使いたいという人々は、このような業者を使っていけば良いでしょう。

 

注文から配送までの期間が短い業者を使う事で、のぼり旗を導入する時期を早める事ができ、
宣伝に活用していく事が可能です。

通販サイトでは、既成品も販売されています。

 

これを使えば、一からデザインする事無く、目的に合った旗を導入する事が出来ますので便利に使えます。
業者によって旗の販売価格が異なり、大きな物になるほど価格が高くなる傾向があります。

納品

他の人も使っているかもしれないというのが気になるかもしれませんが、
見る人はそこまで気にしていないものです。

それよりも、何をアピールしたいのかをしっかり考えておくことが大切です。
どうしても気になるのであれば、色や字体を変えるくらいであれば
無料で対応してくれるかもしれませんので、気軽に相談してみると良いでしょう。